[ひとり言] 3月11日

今日は、3月11日です。

7年という歳月は、果たして被災された方々にとってどんな時間だったのか・・・

朝6:30

目覚ましは6:40にセットしてあるのだが、パピ目覚ましが10分前に起こしてくれる。

ここで店主が起きていくまで「にゃーん、にゃーん」と鳴くのですよ。

平凡で平和な日を送れることに感謝しつつ、被災された方々が心から笑える日がくることを願って

一人じゃないから、安心して。

一緒に笑おう。

 

8:50

ご飯を終えたパピさん

寝床に戻る前に、ソファにぬりぬり、ぬりぬり

あぁ、店主の足にもぬりぬりしてくれないかなぁ(切なる願望)

じゃ、いってくるね

河津桜が終わり、今は大島桜が満開のボクノワタシノ

差し込む朝日が季節の移ろいを教えてくれる(冬は差し込まないから)

葉っぱもうれしそうです

 

19:20

帰宅→食事が終わり、店主のぼっーと時間のはじまり

今日の花粉はすごかった(-_-;)

店内にいてもくしゃみと鼻水が止まらず、目はしばしば、カイカイでとんでもない量が飛んでいることを実感。

去年あたりからちょっと気になるようになってきた店主の花粉症、今年は、たまらーんマックスです。薬が効きません~。身体の疲れも倍に感じる日曜日の夜。

寝床でくつろぐパピさん

今日のブログはパピが主役

なぜなら、パピさんは、福島県の浪江町からやってきた野良猫だから。

福島原発から一番近いところで4キロの位置にあるという浪江町。7年前の今日、パピはどこにいたんだろう。

お母さんと一緒だったんだろうか?

子猫時代は、楽しく遊んですごせたんだろうか?

ボランティアの捕獲機に入ったときは、お腹がぺこぺこだったんだよね。

人間が避難した後、食べられるものは何でも食べていたせいで、お腹には虫さんがいっぱいだったパピ。

今は、何もしなくてもごはんが出てくるし、雨に濡れないし、寒くないけど、自然の中を駆け回る自由はなくなっちゃったね。

今日ね、大家さんが「クロちゃん姿を見せないけど」と言っていたんだよ。自然の中で暮らすのは大変なことなんだよね。

 

パピ

おばさんのこと好きにならなくてもいいから、

気楽にいこうぜ!

こちらのように

 

まじか、今日はおばさんかよ

(笑)